茨城県の古河市から蓄電池の普及を行っています。

2019/09/13 ブログ

パナソニックのスタンドアロン型(単独運用可能)蓄電池を紹介します。

スタンドアロン型は家庭用コンセントからの充電が可能であり、導入が行いやすいモデルとなります。タイマー機能を搭載しておりますので、安価な深夜電力で充電を行い、蓄電した電力を電力単価の高くなる時間帯に使用する運用を行えば、電力料金の削減にも貢献できます。

機器使用の3日間の一例としてキッチンで450Lの冷蔵庫を72時間連続運用を行いながら、液晶テレビを2時間/各日、スマートフォン充電を3時間/各日行うことができます。災害時の備えとしても活躍します。

パナソニックの電池の歴史は1931年から始まり、80年の歴史になります。その歴史の中で培われました安全性は、内部構成の多重保護設計であらわされており、乾電池はもちろんのこと、蓄電池に関しましても安心して、ご使用できます。

小型で置きやすいデザインです。良好な生活環境の相棒としてオススメしております。ご検討の際は是非ご相談ください。